『40歳の壁』を書け上がる!~30代フリー書籍編集者小田の戦術ノート~

ライターの多くがぶつかる『40歳の壁』。ライターから書籍編集者へとシフトしながら壁を駆け(書け)上がる30代の生き様を綴ります。

「出版企画書 作成準備シート」公開します!

商売のタネなんですが、思い切って公開します!

 

表題にある通り、公開するのは「出版企画書を作成するための準備シート」です。出版を希望する個人の方にこのシートを書いてもらい、その上で(できる限り)直接会って話を聞き、書面化していくもの。なので、公開した私にとっては、損をすることがあっても得はしません。

 

でも、情報って囲ってても生かさなければ意味がない。せっかく「著者発掘コンテストに応募しようか」と手を挙げてくださった方が表われたこともあるので、この辺でマルッと公開し、より多くの方に役立てていただこうと思います。もちろん、ここから切り口を考えるのが編集の手腕というやつです。

 

f:id:odachin2030:20151027234429j:plain

◆前半:「本」に関する質問

 

さあ、まずは企画書の前半に書く「本に関する質問」です。細かな事項は以前のブログ記事で書きましたが、それを導き出すための質問になります。

 

①自分なりに、本のタイトル・サブタイトルを考えてお書きください。

②本の大まかな内容を、200字前後でお書きください。

③「原稿を書いて、本を出そう」と思われたきっかけ、また本を出版されることで、社会にはどのような利益・メリットがあるとお考えですか?

④ご自身が「この本を読んで欲しい」と思われる読者層について、「性別」「年齢」「地方」「業種」「ほか特長」をお書きください。

⑤現状で思い描かれているストーリー(話の展開)を仮に「5章立て」で設定すると、各章はどのような内容が考えられますか。

⑥すでに出版されている様々な本の中で、今回お考えの本と「テーマや内容が似ているな」と思う本があれば書名を挙げ、その理由を教えてください。

⑦出版希望時期をお書きください。

 

 

◆後半:「著者」に関する質問

つぎに著者、つまりご自身についての質問です。著者プロフィールを作るためでもありますが、人となりを知るためでもあります。

  ・名前

  ・生年月日

  ・出身地

  ・最終学歴

  ・これまでの職歴

  ・保有される資格・免許等

  ・これまでの褒賞・受賞歴

  ・現職と活動状況

  ・本の内容と関連性の深い経歴や体験、職歴とその理由

  ・出版した後に、販売を支援いただけるような人脈・著名人

 

ちなみに、著者発掘コンテストにご応募いただく際は、上記質問をWordやテキストにコピペしてもらって、それに答えてもらうだけでもOKです。

あと、参考までに私の著者プロフィールも載せておきます。

【著者プロフィール】 
小田宏一(おだ・こういち) 
書籍執筆アドバイザー。個人事務所シュウ=ライターズ インク代表 

1980年生まれ、大阪府在住。大学卒業後は業界紙記者として現場を奔走し、社会や産業の構造を学ぶ。2010年にフリーランスとして独立。 
現在は企業取材、インタビュー取材とともに、ビジネス書や社史の執筆代行・編纂を手がける。2014年から書籍執筆サポート事業を開始。3級ファイナンシャル・プランニング技能士(FP)。 

ブログ『40歳の壁』を書け上がる! ~30代ライターの戦術ノート~ 
http://writer-oda.hatenablog.com/ 

 

ということで、コンテストご応募お待ちしてまーす☆

【11/20大阪】電子で商業出版!著者発掘コンテスト【共催:金風舎】 | Facebook

 

 

 

 

広告を非表示にする