『40歳の壁』を書け上がる!~30代フリー書籍編集者小田の戦術ノート~

ライターの多くがぶつかる『40歳の壁』。ライターから書籍編集者へとシフトしながら壁を駆け(書け)上がる30代の生き様を綴ります。

「36歳のゴール」に向けて

新サイト「じぶん出版ラボ」の立ち上げ、他社ブログの執筆代行案件などで、半年以上も間、ブログ更新ができなかった。これまでで一番長い休止期間だったが、先日無事に36歳を迎えたということで再開を決めた。
 
さて、誕生日を若干過ぎてしまったが、相応しいエントリを書こうと思う。それは36歳のゴール、つまり1年後の自身がどうなっているかというものである。「未来はわからない」のは当然なのだが、ゴールをイメージしないと成長はないというのも事実なので、「こうなる!」と決めて書くことにした。
 
 

f:id:odachin2030:20161005201506j:plain

◆利益を確保し、未来の為にリスクをなくす

いきなり現実的な話だが、この一年の目標は
 
今後10年の事業継続を果たすための「利益確保」とリスクの解消
 
を行うことにした。
 
情けないことに、自身は起業から6年超もの間、利益についてそれほど重要視をしなかった。依頼案件は言い値で受け、自身が提案・営業し獲得した案件も「相手によく見られよう」「信頼を重ねてグロスで利益が出れば良い」と自分で自分を納得させていたと言える。
 
その結果が、「休まず働いても、いつも苦しい」現況となっている。
 
薄利は経営上のリスクとなる。そしてリスクが積み上がれば、負債となり、未来の自身にとっての重しとなる。すでに現時点で、リスクを潰していくことに相当の時間と労力を費やしそうだが、バランスを見ながら薄利の根源を断っていきたい。
 
他方、仕事を創出していく取り組みもまた重要といえる。これまで13年間にわたって腕を磨いてきた執筆力、魅力あるコンテンツに仕立てる編集力を、求めている方々に提供していく機会を増やしたい。そのために今月から具体的にアクションを起こしていくことにした。
 

◆限りある人生の時間をマネジメントする

現時点で大病は患っていないし、終焉が迫っている訳ではない。ただ、「まだ若い」という考えはそろそろ捨てて、人生の時間の質を高めたい。
 
振り返れば、起業当初は「家族とともに過ごせる時間を増やしたい」云々と言っていたはず。だが、それほど甘くないことはすぐにわかり、以来ずっと働いてきた。
 
だが、このまま仕事をしつづけても、その先に幸福が待っているという単純な社会ではない。今の幸せを大切にしなければ、未来にある保証はない。そして、何にしても、欲するなら具体的な行動が不可欠なのだ。
 
たとえば「子どもと遊びたい」となれば、仕事を横に置く時間をつくるべきだ。「家族と過ごしたい」と思うなら、家族で過ごすための環境づくり、気遣いがあって当然だ。それが最近になって、ようやくわかってきた。
 
残念ながら、仕事がら長期案件が多いので、すぐにスタイルは変えることができない。まずは週に1日は仕事から離れる日をつくる、そして日々の労働時間も見直したい。睡眠時間、思索する時間も 少しずつ作っていくことになるだろう。この辺のマネジメントができる状態を、36歳のゴールとしたい。
 
 
広告を非表示にする