『40歳の壁』を書け上がる!~30代フリー書籍編集者小田の戦術ノート~

ライターの多くがぶつかる『40歳の壁』。ライターから書籍編集者へとシフトしながら壁を駆け(書け)上がる30代の生き様を綴ります。

「第1回著者発掘コンテスト」、2名が審査合格で出版へ!

少々遅くなりましたが、ご報告を。
 
シュウ=ライターズインクでは2015年11月20日(金)に、第1回目となる「著者発掘コンテスト」を開催しました。
 
これは「自分の本を出版したい!」という方の出版企画を審査し、見事合格した作品のみ「出版社の費用負担で電子出版する」というもの。当日は7名にエントリーいただき、その中から見事2名が審査合格となりました!
 
この企画は、日本商工会の小規模事業者持続化補助金で採択された「ワカモノひとり起業家に向けた出版支援サービスの提供事業に基づいて実施したもので、入場料含め、完全に無料で審査を行うことができました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!

f:id:odachin2030:20151202005344j:plain

(開催概要は下記を参照)
 

◆2時間の大半が「企画プレゼン&アドバイス」という濃密さ

開催にあたっては1か月前から告知をスタートしましたが、その後2週間は参加表明も少なく、主催者の私としては非常に焦っていました…

しかしながら、多くの方にご支援いただいたことで、2週間前あたりからエントリーをしていただく方が出はじめ、本当にお忙しい中で企画書を作りあげてくださいました。事前に企画書を出していただくことで、審査する側もじっくり書面に目を通すことができ、短時間ながらもグッと力を込めたアドバイスができたと感じています。
 
さらに当日は、1人5分ずつのプレゼンを実施。プロフィールと企画をご説明いただきましたが、いずれも情熱と真剣さを感じるお話ばかりでした。私自身も審査に加わったのですが、この光景に心から「自分が力をつけて、この企画から最高の作品を生み出したい」と思いました。プレゼンは7人で、お一人ずつ実施し、さらにアドバイスしたこともあり、2時間のうちの大半をこれに費やすという濃密な場に。私も含めてですが、本当に多くの事を学ばせていただきました!
 

◆主催者としての「気づきと決意」

今回のコンテストは、共催者として参画いただき、様々にご協力を賜った金風舎様のおかげで開催できました。
ただ、私としては今回限りではなく、継続的な事業としていくことを念頭にしていたので、今後の進め方について悩み、考えました。事業のMission(使命)や展開するサービスの中身については、ある程度詰めて当日を迎えたものの、「ビジネスとしての視点」と「コンテストの作品を必ず売れるようにする」との思いについては、さらに充足させていきたいと心から感じました。
 
コンテスト当日は、エントリーいただいた7名の皆様が、本気になってプレゼンに臨んでくださいました。その姿を拝し、私自身は先の2点について、これまで以上の決意と行動を持って取り組む所存です。そしてもう一つ、当日の光景を思い返すとき、当初から掲げる事業Missionや想い、手法に間違いはなかったとも確信しています。
 
さらに、開催して数日が経ってから、今回参加されなかった方から個別にメッセージを頂戴したことも、大きな力になっています。
次回は、現況と社会の動きから考えて、2016年3月に開催しようと思い描いています。第2回著者発掘コンテストも、どうかよろしくお願い致します。
 

◆参加者、審査合格者もさっそく始動!

さて、今回は7名中2名の方が、条件付きではありましたが審査合格となりました。出版企画ゆえ内容は伏せますが、すでにプロジェクトが始動しております。
また、残念ながら企画を再検討いただくことになった皆様にも、より鋭い企画となるよう討議し合う場を検討中です。ここに新しい方もご参加いただきながら、第2回著者発掘コンテストへとつなげてまいりたいと思います。
 
さいごに。
今回エントリーいただいた皆様からは、実は直前まで「企画あるけど、まだ固まってない」「時間がなくて企画書をまとめられそうになくて」というお声を聞いていました。それでもご参加いただいて、きっと得るものがあったのではないかと(勝手ながら)思っています。今後も、一人でも多くの方が、誰かのために役立つ情報発信をされるよう、私としても全力で取り組んでまいります。
 
Facebook「じぶん出版Lab」
 
広告を非表示にする